電子定款認証で会社設立費用を節約しませんか?全国の顔が見える電子定款認証手続きの専門家(行政書士/司法書士)をご紹介します。

電子定款認証全国マップ » 株式会社設立丸わかりガイド » 株式会社と合同会社(LLC)の違い

株式会社設立丸わかりガイド

株式会社と合同会社(LLC)の違い

意思決定と利益の分配の方法

株式会社とLLC(合同会社)の決定的な違いは「意思決定方法や利益の分配が自由に決められるか」にあります。

例えば、お金はあまりないが、技術やノウハウを持っているAさんと、お金はあるが、技術やノウハウは持っていないBさんが共同で、1000万円必要な事業をしたとしましょう。

Aさんは100万円出資し、Bさんは残りの900万円を出資しました。そして、Aさんの頑張りもあり、この事業で、2000万の利益が出た場合。この2人が作った会社が株式会社だった場合、利益の配分は出資した金額の割合によって決まることになります。

AさんとBさんの出資した割合は1:9ですので、利益の配分も1:9になります。

つまり、
Aさんは200万円しか受け取れないにもかかわらず、Bさんは1800万円受け取る事になります。

また、事業の方向性を決める意思決定においても、株主としての議決権は出資金額に応じて配分されていますので、ほとんどBさんが決定することになってしまいます。

これが、株式会社の仕組みです。(最初にお金を出したものが強い!)

一方、LLC(合同会社)の場合、株式会社と異なり、利益の配分を内部で自由に決めることができます。例えば、Aさんはノウハウを、Bさんはお金を出資するのだから、 利益が上がった場合折半にするという形にもできます。仮にそのように取り決めた場合、利益の2000万円は1000万円ずつ分けるということになります。

設立にかかる費用

次に株式会社と違う点としては設立にかかる費用ですね。

合同会社は定款を作成しても、公証人による認証が不要であるため、総費用で安く設立することができます。

※資本金や専門家への報酬は入れておりません。

  株式会社 LLC(合同会社)
定款に貼る印紙代 4万円 4万円
公証人の手数料 5万円 不要
登録免許税 15万円 6万円
合計 24万円 10万円

※株式会社・合同会社(LLC)共に電子定款を利用すると印紙代4万円が不要になります。

つまり、LLCの設立費用(実費)はわずかに6万円ということになります。
当サイト(電子定款認証全国マップ)では、株式会社の電子定款認証及び合同会社の電子定款作成どちらにも対応可能です。お気軽にご相談下さい。

知名度

株式会社とLLC(合同会社)の違いの3つ目はその知名度です。

欧米では、メジャーな存在である、LLC(合同会社)も日本では始まったばかりの制度です。
当然一般の方の認知度もまだ低いものとなっています。

それをチャンスと捕らえるか、一般の方に浸透するまでは株式会社の信用力をとるのかといった観点で法人形態を考えるのもいいかもしれません。
やはりまだまだ合同会社よりは株式会社の方が知名度が高く、信用力も高いという考え方が大勢と感じます。

→ 株式会社設立をお考えの方はこちら
→ 合同会社設立をお考えの方はこちら

銀行融資を断られた方でも資金調達可能な「ファクタリング」とは?

「売掛金」がある方のための新しい資金調達方法で、銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも赤字決算、債務超過でも、担保不動産、保証人がなくても利用可能です。

利用条件はたった2つ。
  • 事業資金専用のサービスであること(生活費や教育ローンには利用できません。)
  • 100万円以上の売掛金が必要であること
売掛金をお持ちで急な事業資金を調達する場合はこちら(まずは10秒カンタン無料診断)



※資金調達プロの担当者より、ファクタリングのご説明の電話がございますので、貴社の資金調達の件についてまずはご相談ください。

スポンサードリンク





お申し込み特典「公的融資実践レポート」

電子定款認証マップサービス案内

一般社団法人の電子定款認証にももちろん対応!




電子定款認証の専門家の皆様へ

電子定款認証全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!